若手俳優やアイドル垢の無断転載って多すぎないか②

こんにちは。
今回もよく俳優垢、アイドル垢に見られる無断転載について書いていきます。
何がどう著作権侵害になっているか、筆者なりに解釈をしていきます。
 
例2:販売されているDVDや公式配信されている動画の映像を切り取って編集してSNSにアップした。
 
 これは前回も書きましたが、自分の考えや気持ちを作品として表現したものを「著作物」、著作物を創作した人を「著作者」、著作者に対して法律によって与えられる権利のことを「著作権」といいます。

 例2の場合、DVDはもちろん「著作物」でこの場合「著作者」は制作会社、販売元、関係会社、出演者など全てです。さらに舞台の映像の場合は、演出家、舞台芸術全般(衣装、セット、道具、照明、音楽)も著作者の権利を持っています。
 
 では例2の場合、著作権をどのように侵害しているのでしょうか?著作権は、大きく「著作権(財産権)」と「著作者人格権」、の2つに分けることができます。

この例2は 
(1) 著作権(財産権)の「複製権」と「送信可能化権
(2) 著作者人格権の同一性保持権
 
を侵害していると考えられます。
 
(1) 著作権(財産権)の「複製権」と「送信可能化権

 「複製権」とは他人に無断で複製(コピー)をされない権利です。前回も書きましたが複製を作成する権利は著作者にしかありません。 
 「送信可能化権」とは、サーバーなどに蓄積された情報を公衆からのアクセスにより自動的に送信できるようにする権利を「自動公衆送信権」といい、サーバーにアップした段階にまでする権利「送信可能化権」といいます。つまり、コピーした情報をサーバーなどにアップロードする権利は著作者にしかないという事です。
 例2の場合、twitterに動画・画像をアップした時点で「送信可能化権」の侵害になります。そして、実際にダウンロードされたり・再生された場合、アップロードした者は「自動公衆送信権」を侵害したことになるわけです。勉強不足でしたが、前回の例1もこれに当てはまるのではと思いました。
 
(2)の著作者人格権の同一性保持権

 著作者人格権とは著作者の考えや気持ちを表現した著作物の改変・編集を防ぎ、著作物をとおして表現された著作者の人格をまもる権利です。作品の制作意図やメッセージ性を他人に損なわれることで著作者が作品に込めた思いを曲げられないためにあります。

 例えばDVD・舞台などは作品が始まってから終わるまでで1つの作品です。いくつかのシーンや間を消したり、特定の役者のシーンのみ抽出して配布することは、作品に込められた製作者の意図やメッセージを壊す行為です。
 例えるなら、美術館の絵画をバラバラに切りとったり、書き加えたり、スプレーなどで上書きする行為と同等の行為と考えられるのです。
  
「でも私はDVD買ったよ?雑誌も買ったよ?買ったんだから自由にしていいでしょ?所有権は私にあるでしょ?」
 
 これ、よく勘違いされますが、購入者がもつ「所有権」はその情報が収録されている媒体、つまり『物』としてだけです。だから、古本屋に売ろうが、資源ゴミに出そうが、壊そうが、あなたの自由です。しかし、その『物』に収録されている『情報』まで買って自分の所有物にしたということではではないのです。『情報』の権利は著作者から動きません。
 
  あなたが購入したのは『物体』と『物体に収録されている情報を個人的に楽しむ権利』だけなのです。
 
 載っているグラビアもDVDに入っている映像も無料のネット動画も、自由にする権利は著作者にしかありません。この権利は売れませんし、買えません。

 推しや公式のプロの仕事である動画を勝手に加工して、勝手に載せて
『RT、ファボありがとうございます??もっとがんばりますね??』
『リクエスト受け付けます!!』
『動画素敵??神編集??』

とかいうのを見かけるたびに、私個人は怒りがこみあげます。
何様のつもりでしょうか。
芸能のプロの仕事をただの素材にして、好きなようにいじって、公開して、対価を払っていない人に見せる。他者と繋がる道具にする。自分が1から作ったものでもないのに人からの賞賛を受ける。
これがファンのすることでしょうか。

『そんなつもりないし!!』

と言う方が大多数とは思います。
けど無断転載は立派な権利侵害です。
公開SNSは身内だけでなく、同厨も他厨も公式も見られるのです。
世間一般からはこのように見られる違法行為なのだ、ということだけでも自覚して欲しくて書きました。

最後に、筆者は法律関係のプロではありません。自分なりに調べて書きました。「ここは解釈がおかしい」などご意見がありましたら修正等いたしますのでお願い致します。
 
参考元:
著作権なるほど質問箱
著作権の基礎知識 著作権Q&A ACCS

著作権についてつらつら書いた

著作権という権利はなぜ必要なのでしょう。

文化庁のHPにある「みんなのための著作権教室」には著作権についてこう書いてあります。
著作権制度は、このような著作物を生み出す著作者の努力や苦労に報いることによって、日本の文化全体が発展できるように、著作物の正しい利用をうながし、著作権を保護することを目的としています。
 著作者は、著作権制度によって著作物の利用者から使用料を得ることができます。 その報酬をもとにして、また新しい著作物を生み出します。
私たちは著作物を利用したり楽しむことによって、文化的に豊かな生活をおくることができ、その結果、文化が発展するという大きな流れを生み出しています。』

誰の、どんな仕事も対価なしには成り立ちません。

①推しの仕事が世間にでる
    ↓
②客が対価を払う
    ↓
③利益を公式、推しを起用した会社が得る
    ↓
④推しが評価を得る
    ↓
⑤推しに仕事がくる、もっとファンが推しの仕事を楽しむことができる。
    ↓
⑥ ①に戻る


 この繰り返しで推しは芸能人として活躍して行けるのです。著作権とはこの循環を守り、エンターテイメントを創出した努力をした人にきちんと努力に報われた対価が手に入る為にあるのです。

 最近、ダフ屋等が利益を得ないようにチケットの扱いが厳しくなっていますが、それに似てますね。

 仕事の正当な対価を得て、はじめて公式は『もっといい仕事』『やりたいこと』『ファンが見たいと思っているもの』を創ろうと目指すことが出来るのです。
 舞台、DVD、写真、動画、記事、これら全ては推しとスタッフさんのプロとしての仕事の結果です。努力の結晶です。この努力をした人間以外、誰にもこれを勝手に作り変えたり、抽出したり、SNSに載せる権利はありません。

 こういった著作権侵害を意識せずに無断転載をしている方は、推しのどこが好きでファンになりましたか?推しが見せてくれる最高の仕事に「推したい!!」「もっと見たい!!」と思ったからファンになったのではないですか?推しやスタッフさん、公式がもっといい仕事をする為に、推しが芸能界で生きて行く為に、著作権は必要な権利なのです。それを知って下さい。

 はっきり言って今の無断転載だらけの状態は異常です。インターネット、SNS、画像や動画の加工アプリの進化で誰でも情報がコピペできる社会になってしまいました。

 だからといって「みんなやってるから」と言う理由で権利侵害をしていいことにはなりません。
ファンが自分たちの「共有したい」「見せたい」「この画像をあげて、もっとたくさんの人とつながりたい」という欲望を優先させる社会になっていては芸能の仕事は成り立ちません。

 某J事務所などはインターネット上に所属タレントの画像を掲載するのに大変慎重で、厳しい姿勢を取っています。これは「タレントの画像は商品である」という確固たる意志があるからです。しかしこういう姿勢をこのインターネット社会で崩さずに保っているのは、某J事務所の芸能界での地位と力あってのことでしょう。だけどこれは無断転載への当然の防御策なのです。他の事務所すべてがこういう姿勢をとっても何ら不思議はないのです。
 
 無断転載への対処として、ある日突然推しがブログにもTwitterにもinstagramにも写真を上げなくなったり、動画やインターネット番組への出演をやめてしまうという事態になってもおかしくないのです。

だから今の日常を守るために、

・あくまで写真・映像は個人的な楽しみに留める。
・誰もが見られるインターネット上に載せない。

これを、自分の満足よりも優先させて守って欲しいと思います。
どんな行動が「推しを応援すること」になるのか考えて欲しいのです。


引用先
みんなのための著作権教室(文化庁)
http://kids.cric.or.jp/intro/01.html

参照先CNET Japan 特集 18歳からの著作権入門http://japan.cnet.com/sp/copyright_study/35050330/
Amebaヘルプ
http://helps.ameba.jp/trouble/copyright.html

若手俳優やアイドル垢の無断転載って多すぎないか

  最近ツイッター等のSNSでの無断転載が大変目立つように思います。 「著作権」「肖像権」という言葉も叫ばれていますが、無断転載される方は何がいけないのかがよくわからないままされているようにも見られます。 そこで、素人ですが「著作権」「肖像権」について調べて、まとめてみました。
例を挙げながら書いていこうと思います。

  例①ファンが俳優さんのブログにある自撮りの写真をダウンロードして自分のTwitterの公開垢に掲載した。

  自分の考えや気持ちを作品として表現したものを「著作物」、著作物を創作した人を「著作者」、著作者に対して法律によって与えられる権利のことを「著作権」といいます。著作物を利用する場合は、利用する前に著作者の許可をもらうことが必要です。

①の場合、ブログの写真も「著作物」で「著作者」は俳優さんです。「著作権」は俳優さんにあります。
つまり、俳優さん本人の承諾なしにファンが誰でも見られるSNSに掲載するのは著作権侵害になります。
こういった無断転載は、著作権の中の「複製(コピー)権の侵害」にあたると考えられるからです。テレビ番組の違法コピー配信と同じです。複製が作成する権利は著作者にしかありません。  

CDの音楽をスマホにコピーするなどは皆さんやっていると思いますが、こういった個人利用で楽しむための複製は法的に許されています。俳優さんの写メをダウンロードするまでは個人利用になりますが、公開されたSNSに載せるということは、世界中にその内容が発信されることになるので、個人で楽しむという範囲にはならなくなってしまいます。

鍵垢にすれば、個人利用になるのか?という問題にははっきりした答えがわかりませんでしたが、信頼できるフォロワーのみ鍵垢なら、『友人同士でのCDの貸し借り』のような個人利用になるではと個人としては思います。

さらに人の写真の場合は「肖像権」が発生します。 肖像権は簡単に言うと無断で人の顔を映像などで晒すことへの精神的苦痛・不利益から個人を保護するものです。

「でも芸能人は自分で顔だしてるし、それが仕事でしょ?」

 確かにそうです。肖像権には「プライバシー権」「パブリシティ権」という2つの側面があります。

プライバシー権」はその名の通り個人のプライバシーを守るためのもので、撮影された写真を勝手に公表されたりしないよう主張できる権利です。これは、人格権に則した権利です。 一般人が肖像権侵害される場合はこちらのパターンが多いでしょう。
ですが芸能人でもプライベート中の行動を無断で盗撮する行為はもちろんプライバシー権の侵害に当たります。  

パブリシティ権」はどちらかといえば有名人等が当てはまります。芸能人の場合、芸能活動の成果により人気やネームバリューで人を引きつける力が生まれます。このように人を引き付ける力から生じる経済的な利益・価値を肖像権がある本人(もしくは事務所)が管理する権利を「パブリシティ権」といいます。財産権に則した権利です。

そしてもう1つ。
無断転載を見た人が、「写真みれたからいいや」ともしかしたら俳優さんのブログに直接アクセスしないかもしれません。 ブログのアクセス数、コメント数というのは芸能人の人気度などを表す数値だと思います。


また、有料ブログの場合はもっとわかりやすいでしょう。お金を落とさなくても写真を上げる人がいるなら、入会者数も売上も伸びません。あきらかな不利益を推しと公式にもたらしているのです。


なので①は法的には
「推しの影響力や集客力をつかってフォロワーやRTを稼ごうとしている。そして推しの評価や売上の向上も邪魔している。」
という利己的な行動とみなされる可能性があるのです。

「そんなつもりはない!!!!」という方が多いとは思いますが、「俳優さんの写真や映像を載せたらRT数、ふぁぼ数は他のツイートより多い」「フォロワー数が増えた」という事実が確認できたらそれはアカウントの「情報拡散力の向上」という利益と見なされる可能性があると思います。  

これって悲しいことだと思います。ファンとしてファン友や推しへの愛情表現だと思っていた行動が推しの不利益になって、法的には「自分は推しを自分の利益に利用している」と見なされるなんて。  

友人に直接見せるのは全くかまいません。しかし、インターネットという誰もが見られる場所を通すことで権利侵害につながっているのです。 直接メールで送る。鍵をかけた身内同士で行う。などではだめなのでしょうか。  

何気なく、そんな意識なしに無断転載をしている方。 見方を変えればあなた方はファンとは思えない行動をしていることが 少しは分かっていただけましたでしょうか。  

次はまた他の事例でやってみようと思います。

最後になりましたが、 筆者は素人で法曹関係の人間ではありません。 調べて自分なりに書いてみました。   プロの方で「ここは解釈がおかしい」などありましたら おねがいいたします。


 
参考資料:文化庁/著作権http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/
日本音楽事業者協会 http://www.jame.or.jp/shozoken/
日本写真家協会  http://www.jps.gr.jp/rights-2/